土地を見に行く

K社の方で土地を何点か紹介してもらう日であった。

不動産屋E氏とK社モデルハウスで待ち合わせる。

出発する前に、自分たちがネットで探していた時に見つけた気になる土地のことを聞いてみると、そこはもう建売業者に買われてしまったとのこと。

E氏曰く、この近辺の地区は、まとまった土地が出ると、大抵の場合建売業者が買ってしまうらしい。

そしてつまらない家を建てるのかと思うと、ホントやりきれない。自分たちは建売業者が見向きもしないような出がらしの土地を買うしか選択肢がないのか……と暗澹たる気持ちになり、以後、建売業者を憎むようになる。

また、今住んでいる場所の近くに広めの空き地があるのだが、そこが数日前から工事を始めたので、土地を見に行く途中E氏に聞いてみると、「I産業ですね」と。E氏曰く、「原価700万の建売」。I産業も憎き業者リスト入り。

さておき、いくつか土地を見て回るが、どれも山の上で、内心「山の上はやだって言ったのに……」という気持ちになった頃、E氏が「次の所、おすすめですよ」と。

なるほどこれまでの所は、次の本命のための布石か……と思い、内心ハードルを上げつつ次の物件へ向かう。

次の物件、実は以前にもネットで情報だけは見ていたのだが、図面などがパッとしなくてスルーしていた。だが、E氏が「この物件は図面で損してる」というだけあって、実際に現地で見ると確かによい土地だった。

まず、日当たりが良い。建坪率40/80なのだが、敷地面積が充分に広いため、南側に大きくスペースが確保でき、リビングの採光は問題があるとは思えない。また旗竿ではあるが、竿の部分の幅が3m取られており、駐車スペースとしては充分だった。多少山の上ではあるが、これまでに見てきた物件に比べればカワイイものだった。

近隣の環境に多少難がある(コンビニも何もない)のを除けば、よい土地であると感じたので、キープ。

この日は、その物件に心を奪われながら帰宅。

家を建てる勉強会

R社主催の勉強会に参加することになった。

内容はこれまでにR社の営業担当F氏より聞いていることのほぼ繰り返しであった……というか、自分たちは順番が逆で、普通は勉強会に参加してから営業と話を進めるらしい。

ここで新たに判った事実は、例のC値が次世代基準から外されたこと。地盤改良の方法等々。

お宅訪問

数日前にD氏から連絡があった。

自分たちと同じような条件で家を建てたD氏担当の家が新横浜にあり、そちらの家主さん(以後H氏と呼称)が見学させてくれるとのことで、是非見に行かないかという話だった。

今まで建売住宅は見てきたものの、注文住宅で建てた実際の建物(モデルハウス以外)を見たことはなかったので、是非見せてもらおうということになった。

電話口では、自分たちと同じく猫を飼っているという話だったので、てっきり家も猫仕様だったりするのかと思ったが、実際はそうではなかったが、これは完全にこちらの早合点。

手ぶらで行くのもなんなので、人間と猫の両方へお土産を持っていった。

H氏の家は、新横浜駅裏手の高台に建つ綺麗な家だった。延床面積は自分たちと同じくらいだが、土地面積がだいぶ広く、裏手の庭がまた開放感を醸し出していた。

H氏ご夫妻に、色々と注文住宅について話を聞く。

H氏はオーディオにこだわりがあるらしく、リビングの天井もそれを考慮して施工してもらったとのこと。建売ではあり得ない話である。

モデルハウスではなく、実際に生活している住宅なので、あまり細かい部分まで見るわけにはいかなかったが、それでも実際の注文住宅というもののイメージはなんとなく掴めたような気がした。

丁重にお礼をし、帰宅。

帰宅後、先方から、お土産で遊ぶ猫の写真が送られてきたので、持っていって良かったと思った。

K社と本格的に模索しはじめる

午後からK社と打ち合わせ。

昨日、S社を完全に断ったと伝えると、D氏は喜んでいた。

K社は不動産部門を持たないので、D氏と一緒によく仕事をしているという不動産屋さん(以後E氏と呼称)を紹介された。

E氏は、軽妙な語り口で不動産業界の闇の部分について色々と教えてくれたが、扱う額の大きさに反して、不動産ってのはアレなんだなーという感想を持った。

とりあえず、この日は挨拶だけで、次回合う際にE氏がピックアップした土地を何点か見に行く約束をし、解散

その後、昨日A氏と約束したプランの確認へ。

まあ、色々あったけど、やはり改めてお断りしますという話に。

この日を境に、S社との打ち合わせは完全に終了。稲田堤の土地は完全に消えたが、まあ、後悔はしていない。

突撃営業

稲田堤の土地も条件良いし、断るのが本当に正解なんだろうか……ともやもやしつつ仕事をしていると、入口付近で「SのAですが……」という声が聞こえた。

まさかとは思ったが、A氏が会社まで来たのだ。

参った、というか困った。これは完全にプライベートの話だし、会社の連中には秘密にしてたのに。

その場で色々話はしたが、これがダメ押しとなり、その場でハッキリお断りした。

A氏が帰った後メールがあり、断られてしまったのは仕方がないが、最終的に用意したプランは説明させて欲しいので、明日モデルハウスに来て欲しいとのこと。

うーん……と思いつつ、承諾。

R社モデルハウス

R社の営業(以後F氏と呼称)は、ツレと以前話をしているのだが、自分にも是非話を聞いて欲しいということで、平日の朝にも関わらず、モデルハウスで会うことになった。

現地に着いたが、F氏は渋滞に巻き込まれて少し遅れるという連絡があったので、前日の夜に録画しておいたcasa cubeの番組をtorne mobile経由で観て待つ。

最近、ようやく住宅の種類にも目を向けるようになってきたので、こういう番組を楽しめるようになってきた。

ほどなくしてF氏が到着。モデルハウス内で説明を受けることに。

R社の売りは、高気密高断熱。その高性能な住宅を低コストで、というもの。低コストとは言っても、建売よりも全然高い。

以前にもメールで、2020年の住宅基準義務化、それ以降の省エネルギー住宅のロードマップについても聞いていたのだが、改めて聞くと、如何に建売のローコスト住宅がヤバいかが見えてくる。

高気密を語る上で重要な、C値についても詳しい説明を受ける。

ちなみに、C値については、S社のA氏に聞いたところ「もう今は使われてない古い基準です」と言われ、「ん?」と思っていたのだが、どうやらカラクリがあるらしい。

www.yoshiken-home.com

大手ハウスメーカーの圧力なのかどうかは知らないが、要するに重要な指標であるにも関わらず、必要な基準から外されたらしい。

A氏、嘘は言ってないが、自社の住宅では不利な値なんだろうなと理解。

他にも色々説明を受けて、その日は家に戻って車を置いて出社。

FP相談二回目

先日の結果を受けて、A社のFP氏(以降G氏と呼称)と今後どうするかの話。

昨日あんな話になったのに、相談場所がS社のモデルハウス内という居心地の悪さ。

今回は、お金の増やし方についての話。

一応自分でも投資のまねごとみたいなのは経験済みもしくは継続中であったので、すんなり頭に入ってきた。

で、どうやって積み立てていくかというところで、保険の話が出てきた。当初からA社の営業であることはわかっており、これは想定内。

十数年前、親に言われるがままに明治安田の生命保険に入ってたが、毎月の掛け金の高さの割に掛け捨てで、数年前にソニー生命の営業に色々説明され、即解約。その後、そのままソニー生命の変額終身に入っていたのだが、今回はそれに似た変額終身に入ろうという話だった。

ついでに、ツレはぜんそく持ちで、生命保険に入ってなかったのだが、G氏によれば、今はぜんそくで死ぬ時代じゃないので生命保険に入れる可能性が高い、とのこと。

色々保険の説明を受けて帰る。