建売を見に行く

朝、不動産屋が車で迎えに来てくれたので、一緒に津田山の物件まで移動する。

正直、今まで住宅を購入したことなどないので、何を見ればいいのかもよく分からず。最初に見た物件は、とにかく日当たりが悪かった。

その後、久地の物件も見せてもらう。こちらの日当たりは良かったが、高速道路のすぐ下で、常時サーッという音が聞こえる感じ。

午後からは別の不動産屋に連れられて、中野島の物件を見に行く。

うーんと思っていると、同じメーカーが作った物件が向ヶ丘遊園にあるとのことで、ついでに見に行く。

立地的には、静かだし駅近だしと利便性は良いが、いかんせん日当たり悪し。

午前に会った不動産屋が再度来て、宿河原の物件を見に行く。こちらも駅近だが、日当たり絶望的に悪い。

そんな出だし。

なんか家が欲しくなる

ツレと、そろそろ家でも買おうかという話になり、建売住宅を探し始めることにした。

猫を飼っているので、なんとなくマンションより戸建てだろうと思ったわけであるが、この時の直感は当たっていたようだ。

というのも、あとで聞いた話だが、マンションの壁は自分のものではなく共有物なので、勝手に棚を打ち付けたりすることはできないらしい。

SUUMOで適当な広さの建売に目星を付けて、問い合わせる。

早速不動産屋から電話が入り、数日後に物件を見に行くことになった。